新作物研究会とは

 

新作物研究会の紹介

新作物研究会の紹介
 
   
   藍住町新作物研究会は、特産の春夏ニンジンのみに頼る経営から脱却を目指すため、
   ニンジンを基幹品目とした専業農家の担い手有志により平成13年8月に発足しました。
   現在の会員数は41名です。
   ニンジン用ミニパイプハウスや大型パイプハウスを有効利用し、年間を通じて各種新作物を
   試作研究し、ニンジンを補完する品目の選定を行っています。


              ◆ミニ野菜の導入経緯◆ 

      核家族化が進む現状を見据えて、平成14年度から一般的な野菜より
      ひと回り小さいミニ野菜に取り組んでいます。


              ◆新作物研究会モットー◆

              産地がないから産地を作る!
              産地がないから楽しみだ!
              先手必勝 先んずれば産地を制す!
<<藍住町新作物研究会>> 〒771-1203 徳島県板野郡藍住町奥野字矢上前52-1 TEL:088-637-3120 FAX:088-637-3152